爪の構成

スポンサードリンク

爪の構成について、ご説明します。

普段爪と呼んでいる部分、指先にある板状の部分は「爪甲(そうこう)」と呼びます。爪の外に出ている部分を爪甲(そうこう)、皮膚に隠れている部分を「爪根(そうこん)」と呼びます。

爪甲(そうこう)の付け根にある部分は「爪母(そうぼ)」と呼び、新しい爪はここで作られています。

爪の根元にある乳白色の半月形の部分は「爪半月(つめはんげつ)」と呼びます。爪半月(つめはんげつ)は、 外側に出ている爪母(そうぼ)の一部で、水分が多く含まれているので乳白色をしています。この爪半月(つめはんげつ)を覆う膜、薄い甘皮を「後爪郭(こうさうかく)」と呼びます。

ちなみに、爪甲(そうこう)の下の皮膚は「爪床(そうしょう)」と呼びます。また、爪甲(そうこう)の両側を囲んでいる皮膚は「爪郭(そうかく)」と呼びます。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2