健康な人の爪

スポンサードリンク

健康な人の爪は、表面がつるつるとしたきれいな桜色をしており、反対に、体調の悪い人の爪は、横筋があったり、色が白っぽかったり、薄くてもろいのが特徴です。

爪は1日に0.08mmから0.12mmずつ伸びていき、約130日で生え変わり、指先端に達しますが、根元で作られた爪は、新たに栄養分が追加されることなく、先端まで押し出されます。つまり、体調の悪い時に作られた爪は、爪を切る時まで悪いままということになります。 爪の根元に良質の栄養素、たんぱく質が十分に準備されているかどうかで、爪の健康は決まります。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2