角質の除去

スポンサードリンク

【角質の除去】

角質は、皮膚の一番表面にある層のことです。暑さ・寒さ、紫外線、摩擦、圧迫等の刺激や細菌等から体を守り、最後は不要な垢となってはがれます。

肌表面がガサガサ・カチカチになっているのは、古い角質が硬くなって残っているからです。古い角質が残っていると、肌の中で水分たっぷりの新しい細胞が作られても、上に出てくることができないので、古い角質の除去を習慣化しましょう。

例えば、古い角質は水分量が少ないため、かかと表面にひび割れ等を作ってしまいます。そのような状態に、上から保湿クリームやオイルを塗っても、肌の内部まで浸透せず、乾燥は改善されません。

乾燥や代謝の低下によって角質化した皮膚は、スクラブ等でしっかり取り除きましょう。その際、角質をとり過ぎてしまうと、皮膚トラブルを引き起こす原因となるので、週に1度程度、様子を見ながら行いましょう。古い角質を取り除いた後は、保湿クリームを塗り、フットケアすることも忘れずに行いましょう。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2