ワイヤー矯正で巻き爪(巻爪)を治療

スポンサードリンク

【ワイヤー矯正】

爪の左右溝部分にワイヤーを引っ掛ける処置を施すことで、巻き爪(巻爪)を矯正することができます。この処置の特徴は、施術の際に痛みがほとんどなく、出血もないところにあります。ワイヤーを爪に引っ掛けるといっても、血管の通る真皮層に差し込むのではないため痛みがなく、(原則的に)麻酔の必要がないのです。巻き爪(巻爪)個々の形状や巻き爪(巻爪)の周囲の状況に合わせて、ワイヤーの長さ・カーブ・張り具合を調整します。自己処理によって深爪してしまった状態でも施術が可能で、施術した日から入浴・運動も可能なため、日常生活に支障がないのも特徴です。

固定したワイヤーは爪が伸びるとどうなるのか。ワイヤーは爪の伸びとともに移動するので、都度付け替える必要はありません。施術して数月後に付け替えを行います。これを半年から1年程(個人差がありますが)かけて矯正していくと、自然な爪の形状に近づいていきます。

爪・皮膚に損傷を与えないワイヤー矯正で、巻き爪(巻爪)を治療してみませんか。

スポンサードリンク

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2